岐阜市・関市・可児市・美濃加茂市・各務原市の外壁塗装ならプロタイムズ岐阜関店!

  • プライバシーポリシー
お気軽にお電話ください。
[営業時間]9:00~18:00。お気軽にお問い合わせください。
メールでのお問い合わせ

(新)日々の作業の様子

前回はサイディングの劣化症状についてお話ししました。

劣化しているけど「どうしたらいいの?」の疑問にお答えし、メンテナンス方法についてお話しします。

 

前回にお話しした通り、サイディングの劣化は防水性の低下となります。

防水性を上げるため、各種の方法があります。

1.塗装を行う

1番お値打ちにできるのが、塗装を行い劣化した外壁を保護する方法です。

_S3A7004

チョーキングが起きているだけのお宅、クラックはあるがごくごく細かなヘアークラックであるというお宅では、塗装によるメンテナンスで十分です。

サイディングの色柄をそこないたくない場合には透明の塗料を塗るクリアー塗装をお薦めします。

IMG_0255

クリアー塗装はサイディングの状態によっては塗装できないため、プロの診断を受けてください。

レンガ調や、タイル調など、柄物のサイディングは「多色サイディング」といい、1枚の板に何色もの色が使用されています。

「多色」の色をそのまま活かせるのがクリアー塗装です。

これに対し通常の塗装を行うと多色を塗りつぶし1色だけの仕上がりになります。

tmp_IMG_20171103_092655758606968

これを良しとするか否かは個々の判断ですが、「せっかくのデザインが1色の仕上がりではさみしい」と思われる方にはまた別の方法もあります。

レンガ調サイディングの凹部分と凸部分で色を変える「多色塗り」という方法です。

P1020708

これなら、新たなレンガ調サイディングを作ることが可能です。

 

2.クラック補修を行う

見過ごせない、クラックは補修が必要です。

シーリングで補修する方法、注入材をひび割れに流し入れ固める方法などがありますが、

通常のの住宅ではシーリング補修が一般的です。

DSCN1082

表面に凹凸のある仕上げの場合、補修の上に塗装を行ってもテクスチャーの違いから補修跡が判ってしまいます。

既存がリシン吹きで塗装を行う場合は、同様の下吹きを行うなどして、テクスチャーを近づけるようにするとクラック補修跡が判りにくくなりますが、このあたりの仕事はプロにお任せした方が良いでしょう。

 

3.貼り替えを行う

サイディングが層間剥離を起こしている場合には、貼り替えをお薦めします。

部分的に貼り替えが可能であれば、部分張り替えを行いましょう。

しかしサイディング材は現状施工されているものと全く同じものはまずないと思ってください。

毎年新しいデザインが出てきて古いものは淘汰されていますし、同じ材料があったとしても何年も紫外線や風雨にさらされた外壁材と新品の外壁材が同じ風合いにはなりません。

ですから建物のデザイン的に上手く貼り分けると良いでしょう。

例えば、ベランダの突出部分だけとか、幕板の下部だけ、建物の1面だけといった部分に、まったく別のサイディングを貼りデザイン性を向上させるのです。

IMG_2034

全体的に傷んでいたり、何度も塗装して次の塗装は難しい場合などは全体的に貼り替えを行う方法もあります。

コストはかかりますが、新築同様の外観になります。

 

4.全体にカバー工法で外壁をリニューアルする

全体的に傷んでいる場合にはカバー工法という方法もあります。

現状の外壁をそのままにして、その上に新たな外壁を施工する方法です。

サイディング材や、板金材などで外壁全体を覆ってしまうので、貼り替えと同様に新築のような外観になります。

IMG_0399

 

メンテナンス方法は建物の劣化の状況により、様々なメンテナンス方法があることがお分かりいただけたでしょうか?

DIY程度で済むものは良いですが、判断に困る劣化状態の方はプロに相談しメンテナンス計画を立ててみてはいかがでしょうか?

 

みなさんこんにちは。

最近は真夏日も続きかなり暑いですね。熱中症にならないよう水分補給をしっかりと行いたいですね。

喉が渇いてからでは遅いので、、、。

さて、余談はこの辺にして本題に入っていきたいと思います。

今回は、F様邸の工事紹介をしていきます。

まず外壁の素材説明をします。

窯業系サイディングボードが使用されています。セメントが80%、繊維質や増量剤が20%で作られた外壁材となります。

セメントが主成分のため、板自体に防水性はなく塗装によって防水されている外壁材となります。

現況です。

IMG_0693

現況です。

IMG_0707

続いて、作業の紹介です。

まず、高圧洗浄です。汚れやコケを取り除いていきます。汚れやコケが取れていないと塗装後の仕上がりや塗料が捲れてきたりと不具合が起きてしまいますので注意が必要です。

洗浄の際に樋の中や土間の洗浄も行います。

高圧洗浄作業状況です。

wrdw

続いて、シーリング工事です。

繋ぎ目やサッシ廻りに打設していきます。他にも外壁のひび割れの補修もシーリングで行っていきます。

しかし、シーリングは紫外線に弱くまたシーリングに含まれる可塑剤(柔軟性を与えるために加える材料)と呼ばれる揮発性の薬品の寿命によりひび割れや硬化などを起こしますので定期的なメンテナンスが必要です。

ひび割れなどを放置しておくと外壁の小口から水を吸ってしまい外壁が腐食しますので注意が必要です。

シーリング撤去作業状況です。

cdv_photo_013

シーリングを新しく打設する前にプライマーを塗布し密着を良くしていきます。

プライマー塗布作業状況です。

cdv_photo_011

プライマー乾燥後シーリングを打設していきます。

シーリング打設作業状況です。

cdv_photo_008

最後にヘラで均していきます。

シーリング均し作業状況です。

cdv_photo_003

シーリング完了後塗装工事に入っていきます。

まず、養生(汚れてはいけない場所にビニール)を貼っていきます。

その後軒天の塗装を行います。

塗り残しが無いようしっかりと塗装していきます。

軒天上塗り1回目作業状況です。乾燥後上塗り2回目を行っていきます。

tmp_DSC_00861987497810

続いて、雨樋などの塗装です。

繋ぎ目などが出ないよう均一に均しながら塗装していきます。

雨樋上塗り2回目作業状況です。

tmp_DSC_0094640227476

続いて、外壁塗装です。

まず、下塗りを塗っていきます。

下塗りは上塗りとの密着を良くしたりととても重要な作業となります。

下塗り作業状況です。

tmp_DSC_0091169546311

続いて、上塗り1回目です。

タレやダメが無いよう確認しながら塗っていきます。

上塗り1回目作業状況です。

tmp_DSC_00021614613674

続いて、上塗り2回目です。

ムラや繋ぎ目が出ないよう慎重に仕上げていきます。

上塗り2回目作業状況です。

tmp_DSC_0006-1161945942

いかがだったでしょうか?

今週はこの辺で、、、。

前回は窯業系サイディングはどんなものかお話ししました。

前回も少し触れましたが、今回はもう少し具体的に劣化症状について掘り下げてみたいと思います。

 

こんな症状は要注意 窯業系サイディングの劣化症状

1.チョーキング現象

よく言われるのが、外壁に触ると粉が付くという症状です。

黒板に使うチョークの粉のように手に付着するためチョーキング現象と言われています。

IMG_2659

この粉の正体は紫外線により劣化した塗装の顔料成分です。

塗料は樹脂と顔料が分子レベルで結合していますが、紫外線に長くさらされることにより、この結合が分解され、顔料成分が浮いてくるのです。

つまり手に粉が付くことは、サイディング表層の塗膜が劣化しているということ。

さらには、塗装の防水機能が低下しているということなのです。

 

2.クラック

塗膜の防水機能が低下して、サイディングがじわじわと吸水するようになると、クラック(ひび割れ)が発生します。

このクラックの谷部分は当然塗装がされていないので、クラックからさらに吸水をし大きなクラックになったり、枝分かれしたクラックになったりします。

IMG_2664

クラックの発生箇所としては、吸水しやすい水切りのすぐ上の部分や、切れてしまったシーリング目地の脇の部分、釘止めの窯業系サイディングでは釘部分からひび割れが発生しやすくなっています。

 

3.層間剥離

サイディングボードが吸水しつづけた状態で放置していると、層間剥離を起こします。

層間剥離とは難しい言葉ですが、ミルフィーユのケーキのように層ごとにめくれてくる状態を言います。

IMG_2673

一枚の強固であった窯業系サイディングが、何層にも分かれて非常にもろい状態となっているため、メンテナンスの手間がかかります。

この層間剥離は、浴室の窓下や、バルコニー手すり壁の下端など、そもそもの建物のつくりにより水を受けやすい場所、風通しの悪い場所で発生しやすい現象です。

 

4.シーリングの破断、剥離

サイディングそのものの劣化症状ではありませんが、サイディングにはつきもののシーリングもサイディング劣化の原因となります。

シーリングはボードとボードの間の目地の部分や、窓の周囲などに施工してあるゴムのような柔らかな素材の物です。

IMG_2660

シーリングは建物の動きや、サイディングの伸縮に追従できる柔らかさが重要なのですが、長年紫外線にさらされることにより、固くなり縮んでしまい、シーリングにひび割れや破断を起こすのです。

ひどいお宅ではサイディングから剥離し、完全に全に取れて下地があらわになっていることもあります。

シーリングは外部からの雨水浸入を防止する重要な部分ですので見過ごすわけにはいきません。

 

サイディングの劣化症状には様々なものがありますが、それぞれに適切なメンテナンスを行い窯業系サイディングボードの寿命、建物の寿命を延ばしてあげましょう。

次回はメンテナンス方法について詳しくお話しいたします。

 

 

社長コラム「私がお伝えしたいこと」

プロタイムズ岐阜関店

私たちが塗装のプロ集団
プロタイムズ岐阜関店です!

1級塗装技能士多数在籍!腕には絶対の自信あり!!
2級建築士外装劣化診断士が丁寧に建物を診断!!
岐阜県関市で愛されて56年。郷土愛は負けません!!

会社案内はこちら

お問い合わせの流れ

施工の流れ

ネットでご相談したい方!

直接あって相談したい方!

安さのカラクリ大公開
プロタイムズ岐阜関店が、なぜお値打ちなのか?価格がちょっと高めなのには、理由があります。
お問い合わせの流れ
私たちが相談員として対応します!
ご相談ルームをじっくり
お問い合わせからの流れ
施工の流れ
お客様の声
お問い合わせ 見積り依頼
雨漏り診断
社長さま、総務担当者さまに 朗報です!工場・倉庫メンテナンス ゼネコンよりお値打ちに!一括管理
貼るだけで簡単施工!窓ガラス遮熱フィルムで部屋を涼しく快適に!
岐阜県No.1の塗装社で一緒に頑張る仲間を大募集!
(有)三輪塗装ってどんな会社?
密着!! プロタイムズ岐阜関店(有)三輪塗装 塗装職人の1日
暮らし応援レター
施工エリア
施工エリアマップ

岐阜県関市・岐阜市・可児市・美濃加茂市・各務原市周辺

  • miwatube (有)三輪塗装 youtube公式チャンネル
  • 代表三輪雄彦ブログ・不易流行
  • 動画ブログ
  • 現場ブログ
  • スタッフ的こころ
  • 工場・倉庫・大型物件ブログ
  • よろず屋リフォーム現場中継ブログ
リフォームサイト
工場や倉庫の改修・メンテナンスは三輪塗装にお任せください
三輪塗装コーポレートサイト
プロタイムズ
雨漏り119
日本住宅保証検査機関
リフォーム工事住宅かし保険
建設業総合保険
リフォームジャーナル
プロタイムズ岐阜関店(有限会社三輪塗装) 〒501-3824 岐阜県関市東新町3丁目921-5/TEL.0575-22-3892/FAX.0575-22-3492
Copyright(c)2012 protimes Co.,Ltd.All Rights Reserved.