岐阜市・関市・可児市・美濃加茂市・各務原市の外壁塗装ならプロタイムズ岐阜関店!

  • プライバシーポリシー
お気軽にお電話ください。
[営業時間]9:00~18:00。お気軽にお問い合わせください。
メールでのお問い合わせ

(新)日々の作業の様子
a-adachi
2018年07月14日(土)

今回は建物のの防水に重要な役割を果たしているシーリングについてお話しします。

 

1.シーリングとは

「シーリング」と似た言葉で「コーキング」という言葉もあります。

コーキングの方が聞きなれている方も多いかと思います。

シーリングは目地部分や隙間に充填し成形したゴム状の材料の事です。

最初はペースト状ですが、乾燥・硬化し形状を保ちます。

対しコーキングはシーリングの中でも、形の定まらない硬化しないものです。

厳密な区別はできますが、実際には同意義に捉えられています。

シーリングはキッチンや浴室廻り、外壁の目部分に使用されていますが、ここでは外壁のシーリングに絞ってお話をしていきます。

DSCN1271

 

シーリングは外壁工事において欠かせないものです。

ALCの外壁では板の間には必ずシーリングを打設しますし、サイディングボードに関しても目地部分に防水のためシーリングが打設されています。

建物によっては、目地を作らず端部を実(さね)にし、つなぎ目から水が浸入しないような作りになっているものもありますが、

サッシ周りや入り隅部分など、ほとんどのお宅にはシーリング部分はあると思って良いでしょう。

そして新築時に現場塗装を行っていないサイディングの場合には、シーリングは「化粧打ち」と言われ、塗装で保護されていない状態です。

紫外線に直接さらされているため、外壁よりも早い段階で傷んできます。

シーリングの劣化は、破断、硬化収縮、剥離などがおき、見た目にもよくわかります。

 

2.シーリングの種類

一口にシーリングと言っても、主剤によって特徴や用途も異なります。

ホームセンターに行っても多くの種類があるため、基本を知っておくとDIYの際にも便利です。

(1)シリコン系

ガラスなどの無機質なものとの密着が高いため、キッチンや浴室、ガラス、瓦などの補修に用いられます。

ただし、可塑剤と呼ばれる油のようなものが浮いてくるため、塗装をすることができないので注意が必要です。

外壁の目地補修には使用しないよう注意しましょう。

 

(2)変成シリコン

(1)のシリコンとは異なり、可塑剤の浮きが少なく塗装可能なシーリングです。

ただし(1)のシリコンに比べ耐久性に落ちる素材です。

 

(3)アクリル系

湿った場所にも使用でき便利ですが、耐久性に乏しくリフォームには不向きです。

 

(4)ウレタン系

耐久性が高いのが特徴です。

紫外線に弱く外回りには不向きですが、塗装で保護する場合には、変成シリコンよりもお勧めです。

 

※ノンブリードタイプのシーリング

可塑剤を多く含むシーリングでは塗装が出来なかったり、変色、汚れの付着といった現象が発生します。

この変色をブリードと言いますが、改良を加えブリード現象が起こりにくいシーリングがあります。

外壁の塗装の場合にはこのノンブリードタイプのシーリングを選ぶと良いでしょう。

 

3.外壁シーリングのメンテナンス

シーリングのメンテナンスは大きく分け2つあります。

(1)打替え

古いシーリングをカッター等で切り取り、撤去してしまってから再度シーリングを打設する方法です。

IMG_0008

主に目地部分のシーリングで行います。

紫外線の当たりにくい北面や軒のすぐ下では、まだシーリングの柔軟性が残っていることもありますが、全面の打ち替えをお薦めします。

特に劣化している南面外壁、ベランダのあるお宅ではベランダの壁のシーリングに合わせ、メンテナンスのタイミングを計ると良いかと思います。

 

(2)増し打ち

現状のシーリングをそのままに、その上に大きく打設する方法です。

DSCN1819

主にサッシ周りや入り隅部分の、切り取りが難しい部分に行います。

入隅部分に行う場合はその断面の形状から三角打ちとも言います。

 

シーリングの特徴、メンテナンスの基礎をご理解いただけましたでしょうか?

外壁塗装を行う前にはシーリングのメンテナンスを行いましょう!

また、塗り替えの際の予備知識としてシーリング押さえておきましょう。

 

渉太舟越
2018年07月07日(土)

皆さんこんにちは。

 

今回は、高圧洗浄時の注意点について書きたいと思います。

 

hgfgf

 

 

・ストッパー付きバケツの使用

ストッパーが付いてるバケツを使用することで水の無駄遣いをなくしています。

付いていないと水があふれ出し、水がもったいないです。

 

・養生箇所の確認

高圧洗浄では水を使用するため換気扇フード、照明器具、インターホンなど特に電気関係は注意が必要です。

そういった箇所には養生をして極力濡れないようにしていきます。

 

・洗いすぎに注意する素材の確認

木部など洗いすぎると表面だけでなく内部まで傷めてしまう恐れがある為軽めの洗浄にします。

 

・漏水に注意する箇所

天井の垂木だしや有孔ボードなど水をかけすぎると内部に水が浸入し漏水の恐れがある為、こちらも軽めの洗浄にします。

 

・軒樋内部の洗浄

軒樋内部は普段は見えないですが、コケなどが発生しています。

IMG_20171011_100852

軒樋内部までしっかり洗浄を行います。

・土間の洗浄の範囲

駐車場や通路など長年の汚れなど高圧洗浄の際、一緒に洗浄を行っています。

しかし、建物の雰囲気などに合わせてのコケなどがある場合、洗浄してしまわないよう注意します。

みなさんこんにちは。

今週はずっと天気が悪く雨ばかりですね。土砂災害などには十分注意が必要ですね。

雨では塗装できないので作業がストップしてしまいます。しかし、無理やり作業しても品質に問題がでてくるため無理して作業はしません。

さて、余談はこの辺にして本題に入っていきたいと思います。

今回は関市K様邸の工事紹介をしていきたいと思います。

まず、屋根:外壁の素材説明です。

屋根は薄型スレート瓦が使用されています。

主成分は85%がセメント15%がアスベスト等で構成されています。厚さが4.5mmと薄く、軽い為地震対策としても人気の高い屋根材となります。

セメントが主成分の為、水を吸いやすいのが特徴です。ですので塗膜の防水性が切れてしまった場合は注意が必要です。

屋根現況です。

IMG_4609

外壁は窯業系サイディングが使用されています。

セメントが80%、繊維質や増量剤が20%で作られた外壁材となります。

セメントが主成分のため、板自体に防水性はなく塗装によって防水されている外壁材となります。

外壁現況です。

dff

続いて、作業の紹介です。

まず足場組立後高圧洗浄を行います。

高圧洗浄は塗装後の仕上がりや塗料の耐久性に大きく影響するため重要な作業となります。

コケや汚れをしっかりと洗い流していきます。

高圧洗浄作業状況です。

tmp_DSC_00161675552696

高圧洗浄作業状況です。

tmp_DSC_0020-603987488

高圧洗浄後シーリング工事を行います。シーリング乾燥後塗装工事を行っていきます。

まず、軒天の塗装です。

上塗り2回塗装していきます。塗り残しが無いよう確認しながら塗装していきます。

上塗り1回目作業状況です。乾燥後上塗り2回目を行います。

tmp_DSC_00431383864359

続いて、付帯部の錆び止め塗装です。

まず、鋼鈑部には錆び止めを入れていきます。

錆び止めを入れないと塗装してもすぐに錆びが発生してきたり塗膜が捲れてきたりと不具合を起こしやすいため錆び止めは重要な作業となります。

錆び止め作業状況です。

tmp_DSC_0036113289842

続いて、付帯部上塗り1回目です。

タレなど無いよう気をつけて塗装していきます。

上塗り1回目作業状況です。外壁が仕上がり次第付帯部を仕上げていきます。

tmp_DSC_0040-1760920352

続いて、屋根の塗装です。

まず、下塗りを入れていきます。

下塗りは上塗りとの密着を良くしたりと重要な作業となります。上塗りをしてしまえば分からなくなってしまいますがだからこそ丁寧にやることが重要です。

下塗り作業状況です。

tmp_DSC_0056333013334

下塗り完了後縁切り工事を行います。

縁切りとは塗装を行う際に瓦と瓦が重なった部分に溜まった塗料に対して、切り込みを入れることで雨水の排水口を作る作業のことです。

縁切りを怠ると、本来隙間がなければならない部分を塗装時に塗料で塞いでしまうので、雨水の逃げ道がなくなり、毛細管現状を起こし、野地板や天井裏などへ雨水が逆流し、雨漏りを誘発する原因になります。

そのため塗装時には縁切り作業が必ず必要となります。

縁切り作業状況です。

tmp_DSC_00501146916755

その後上塗りを2回塗り完了となります。

上塗り1回目作業状況です。

tmp_DSC_0051579779297

いかがだったでしょうか?

今週はこの辺で、、、。

社長コラム「私がお伝えしたいこと」

プロタイムズ岐阜関店

私たちが塗装のプロ集団
プロタイムズ岐阜関店です!

1級塗装技能士多数在籍!腕には絶対の自信あり!!
2級建築士外装劣化診断士が丁寧に建物を診断!!
岐阜県関市で愛されて56年。郷土愛は負けません!!

会社案内はこちら

お問い合わせの流れ

施工の流れ

ネットでご相談したい方!

直接あって相談したい方!

安さのカラクリ大公開
プロタイムズ岐阜関店が、なぜお値打ちなのか?価格がちょっと高めなのには、理由があります。
お問い合わせの流れ
私たちが相談員として対応します!
ご相談ルームをじっくり
お問い合わせからの流れ
施工の流れ
お客様の声
お問い合わせ 見積り依頼
雨漏り診断
社長さま、総務担当者さまに 朗報です!工場・倉庫メンテナンス ゼネコンよりお値打ちに!一括管理
貼るだけで簡単施工!窓ガラス遮熱フィルムで部屋を涼しく快適に!
岐阜県No.1の塗装社で一緒に頑張る仲間を大募集!
(有)三輪塗装ってどんな会社?
密着!! プロタイムズ岐阜関店(有)三輪塗装 塗装職人の1日
暮らし応援レター
施工エリア
施工エリアマップ

岐阜県関市・岐阜市・可児市・美濃加茂市・各務原市周辺

  • miwatube (有)三輪塗装 youtube公式チャンネル
  • 代表三輪雄彦ブログ・不易流行
  • 動画ブログ
  • 現場ブログ
  • スタッフ的こころ
  • 工場・倉庫・大型物件ブログ
  • よろず屋リフォーム現場中継ブログ
リフォームサイト
工場や倉庫の改修・メンテナンスは三輪塗装にお任せください
三輪塗装コーポレートサイト
プロタイムズ
雨漏り119
日本住宅保証検査機関
リフォーム工事住宅かし保険
建設業総合保険
リフォームジャーナル
プロタイムズ岐阜関店(有限会社三輪塗装) 〒501-3824 岐阜県関市東新町3丁目921-5/TEL.0575-22-3892/FAX.0575-22-3492
Copyright(c)2012 protimes Co.,Ltd.All Rights Reserved.