岐阜市・関市・可児市・美濃加茂市・各務原市の外壁塗装ならプロタイムズ岐阜関店!

  • プライバシーポリシー
お気軽にお電話ください。
[営業時間]9:00~18:00。お気軽にお問い合わせください。
メールでのお問い合わせ

(新)日々の作業の様子
米山淳也
2018年11月28日(水)

こんにちは米山です。

最近は寒くなったり暑くなったり、体調管理が難しいですね。

今回は前回の続きで!台風被害報告です。

DSCN1450

自転車置き場や、駐車場のカーポートの被害です。こちらも被害が多く、修繕に材料がまったく入ってこないという状況で、作業が進まない事態になっています。

お出かけをしたときに少し気にしてみていると、あちこちでカーポートの屋根が飛んでいるので見れます。

中にはとんだ屋根がどこにいたのか不明で、わからない家もありました。人や車に当たっていないことを祈ります。

IMG_1210

写真の様に一枚飛んでしまったカーポートが多いのですが、飛んだカーポートの屋根材に使ってある素材は、アクリルがおおく、、次に修繕でいれる素材はポリカーボネートがほとんどです。このポリカーボネートは飛行機の透明部分に使われている素材で、耐久力があり、熱の変化にも強い素材です。ですがどーしても色が合わないのが残念です。

その他、塀や樋もかなり被害がでました。

DSCN1577

こちらのフェンスはほとんど真ん中の部分が抜けてしまったので、新しく、風通しのよいフェンスに付け替えました。

IMG_1047

写真の波トタンの塀は風を受けやすいので、土台と柱の根本から折れてしまっています。こちらも新しく風通しのよいフェンスに交換しました。

IMG_20180905_131157

写真は瓦がずれて飛んでいます。今回の風は南から吹いていたのですが、写真の部分は北側になります。

棟の部分で渦をまいて北側がまくれてずれたり、飛んだりしたと考えます。写真では一枚なくなっていますが、下が土なので、水が入ると中まで水が入ってしまうので、早急な対処が必要です。今回の台風21号ではうちの会社だけでも約100件ちかくの問い合わせがあり、今までにないほどの忙しさでした。

11月の中旬になりやっと落ち着いてきた感じです。

IMG_20180906_140010

この屋根もひどいことになっています。ずれているものはそのまま並べなおしていきます。割れているものは交換しなければいけません。

予備の瓦があればそれと入れ替えることが出来るので大丈夫ですが、交換する瓦が無いと、下の土も流れ出てしまいますし、下の天井に水が入ってしまいます。

幸い今回は瓦があったのですぐに修復可能でした。

屋根、壁、フェンス、樋、などに大きな被害のでた台風21号ですが、温暖化のせいか最近の台風は大きいくて強いものが多いので、それに対応していかないといけないなと実感させられる経験になりました。

夏には川の反乱による床下浸水や、床上浸水の被害がでた、関市上之保地区にボランティアにいき、水の恐ろしさを実感し、台風21では風の恐ろしさを知りました。

テレビやネットのニュースは自分と関係ないように感じてしまう災害ですが、もっともっと対策の意識をしていく必要があるかと思います。

ブログを書いていて気が付きました。自分の家の屋根を点検していませんでした。家に帰ったらさっそく自分の家の屋根が大丈夫なのか確認したいと思います。

 

 

 

みなさんこんにちは。

かなり朝晩冷え込むようになってきましたね。朝なんかは車のガラスが凍るようになってきましたね。

いよいよ本格的に冬がやってきますね。風邪を引かないようしっかりと体調管理していきます。

さて、余談はこの辺にして本題に入っていきたいと思います。

今回は、関市T様邸の工事を少し紹介していきたと思います。

まず、素材の説明をします。

屋根は薄型スレートと言われる屋根材です。主成分は85%がセメント15%がアスベスト等で構成されています。

厚さが4.5mmと薄く、軽くなっているのが特徴です。

欠点としましてはセメントが主成分の為、水を吸いやすいのが特徴です。ですので、定期的に塗装による防水が必要となる屋根材です。

IMG_5693

外壁は、窯業系サイディングボードが使用されています。

セメントが80%、繊維質や増量剤が20%で作られた外壁材となります。

セメントが主成分のため、屋根同様板自体に防水性はなく塗装によって防水されている外壁材となります。

こちらも定期的に塗装による防水が必要となります。

DSCF2415

続いて、作業の紹介です。まず、足場を組んでいきます。

足場の組み方によって安全性や作業の効率が上がったりしますので安全に作業のしやすい足場を組んでいきます。

足場組後高圧洗浄を行います。

屋根・外壁の汚れなどをしっかりと落としていきます。汚れがついたまま塗装をしても密着が悪いですし仕上がりもいいものになりません。

屋根高圧洗浄作業状況です。

IMG_5038

外壁高圧洗浄作業状況です。

IMG_5040

玄関タイル高圧洗浄作業状況です。

IMG_5044

続いて、屋根の塗装工事です。

まず、下塗りを入れていきます。

鋼板部には錆び止めを塗っていきます。

錆び止め作業状況です。

IMG_1764

下塗りは上塗りとの密着を良くしたり下地の吸い込みを抑え仕上がりを良くしたりととても重要な工程となります。

下塗り作業状況です。

IMG_1769

屋根のひび割れ部にはタスマジックと言う浸透型補修材にて補修していきます。

補修の跡の目立ちも少なく補修した場所は元の屋根材の2倍の強度となります。

屋根補修作業状況です。

IMG_1772

続いて、上塗り1回目です。

しっかり前の塗装が乾燥後次工程を行います。塗料が乾燥していない上に塗り重ねると塗装後に剥がれてきたりと不具合を起こしてしまいます。ですのでしっかりと乾燥時間を守ることも重要となります。

塗り残しなどが無いようしっかりと塗っていきます。

上塗り1回目作業状況です。

IMG_1773

その後屋根上塗り2回目・外壁塗装と入っていきます。

一つ一つ重要な工程となりますのでしっかりと丁寧に作業をしていきます。

 

 

みなさんこんにちは。

今月ももう中旬です。今年もすぐに終わってしまいますね。1年がとても早い気がします。

今年も冬はスノーボードに行きたいと思います。楽しみです!

朝晩は寒いので体調の管理はしっかりしていきたいですね。暖かいおでん・鍋が食べたいです、、、。

さて、余談はこの辺に本題に入っていきたいと思います。

今回は、関市I様邸について紹介したいと思います。

まず、素材説明です。

屋根は瓦が使用されています。

瓦は粘土の焼き物の屋根材です。 耐候性などが高い屋根材となります。

メンテナンスとしては塗装の必要はなく瓦が割れたりズレたり漆喰が剥がれたりした場合にメンテナンスを行います。

DSCN1289

外壁は窯業系サイディングボードが使用されています。

セメントが80%、繊維質や増量剤が20%で作られた外壁材となります。

セメントが主成分のため、板自体に防水性はなく塗装によって防水されている外壁材となります。

ですので、メンテナンスとしては定期的に塗装による防水が必要となります。

DSCN1227

作業の紹介です。

まず、工事をするのに足場を組み立てていきます。

足場は作業をするのにとても重要なものとなります。しっかりと安全に作業のしやすい足場を組み立てていきます。

続いて、高圧洗浄です。

高圧洗浄は塗料の耐久性に影響してきますのでしっかりと洗うことが重要です。

ただ流せばいいわけではなくチョーキングや汚れをしっかりと取ることが重要となります。

外壁高圧洗浄作業状況です。

IMG_0039

洗浄の際は土間も洗浄していきます。

土間高圧洗浄作業状況です。

IMG_0040

続いて、シーリング工事です。

シーリングは紫外線には弱くまたシーリングに含まれる可塑剤(柔軟性を与えるために加える)と呼ばれる薬品の寿命によりひび割れや硬化などを起こします。放置しておくと雨漏りの原因などになりますので注意が必要です。

目地部はシーリングの厚みが確保できずこの上から打設してもすぐにひび割れてしまうため既設のシーリングは撤去して新しく打設していきます。

シーリング撤去作業状況です。

cdv_photo_001

続いて、シーリング撤去後プライマーを塗布していきます。

プライマーはシーリング打設後の接着性などに影響してきますのでとても重要な作業となります。

プライマー作業状況です。

cdv_photo_005

続いて、シーリング打設です。

厚みを確保しながら打設して均していきます。

シーリング均し作業状況です。

cdv_photo_008

続いて、外壁下塗りです。

下塗りは上塗りとの密着を良くしたり仕上がりを良くしたりととても重要となります。

塗り残しが無いようしっかりと塗っていきます。

外壁下塗り作業状況です。

IMG_1728

外壁下塗り作業状況です。

IMG_1731

いかがだったでしょうか?

ただ塗ればいいわけではなく塗布量や乾燥時間にも気をつけて塗装していきます。

では、今週はこの辺で、、、。

社長コラム「私がお伝えしたいこと」

プロタイムズ岐阜関店

私たちが塗装のプロ集団
プロタイムズ岐阜関店です!

1級塗装技能士多数在籍!腕には絶対の自信あり!!
2級建築士外装劣化診断士が丁寧に建物を診断!!
岐阜県関市で愛されて56年。郷土愛は負けません!!

会社案内はこちら

お問い合わせの流れ

施工の流れ

ネットでご相談したい方!

直接あって相談したい方!

安さのカラクリ大公開
プロタイムズ岐阜関店が、なぜお値打ちなのか?価格がちょっと高めなのには、理由があります。
お問い合わせの流れ
私たちが相談員として対応します!
ご相談ルームをじっくり
お問い合わせからの流れ
施工の流れ
お客様の声
お問い合わせ 見積り依頼
雨漏り診断
社長さま、総務担当者さまに 朗報です!工場・倉庫メンテナンス ゼネコンよりお値打ちに!一括管理
貼るだけで簡単施工!窓ガラス遮熱フィルムで部屋を涼しく快適に!
岐阜県No.1の塗装社で一緒に頑張る仲間を大募集!
(有)三輪塗装ってどんな会社?
密着!! プロタイムズ岐阜関店(有)三輪塗装 塗装職人の1日
暮らし応援レター
施工エリア
施工エリアマップ

岐阜県関市・岐阜市・可児市・美濃加茂市・各務原市周辺

  • miwatube (有)三輪塗装 youtube公式チャンネル
  • 代表三輪雄彦ブログ・不易流行
  • 動画ブログ
  • 現場ブログ
  • スタッフ的こころ
  • 工場・倉庫・大型物件ブログ
  • よろず屋リフォーム現場中継ブログ
リフォームサイト
工場や倉庫の改修・メンテナンスは三輪塗装にお任せください
三輪塗装コーポレートサイト
プロタイムズ
雨漏り119
日本住宅保証検査機関
リフォーム工事住宅かし保険
建設業総合保険
リフォームジャーナル
プロタイムズ岐阜関店(有限会社三輪塗装) 〒501-3824 岐阜県関市東新町3丁目921-5/TEL.0575-22-3892/FAX.0575-22-3492
Copyright(c)2012 protimes Co.,Ltd.All Rights Reserved.